薄毛治療の大きな落とし穴!あなたはいくつ知っていますか?

薬を飲むときは飲み続ける必要がある

男性がなりやすい薄毛の原因として、男性ホルモンによる影響があります。男性ホルモンそのものではないとされますが、作用をして発毛サイクルを乱しているようです。そこで、男性ホルモンの働きを抑制する薬が登場しました。これによって多くの薄毛の悩みを解決しているとされています。ではいつまで薬を飲むかです。まずは希望の状態になるまで飲み続ける方法があります。問題はその後薬を飲み続けるかです。薬で男性ホルモンが抑制されるので、飲まなくなると再度男性ホルモンが薄毛を誘発してしまいます。生えた状態を維持するためには、薬を飲み続けないといけない可能性があります。必ずしも安くない負担を、将来的にも続ける必要があるかもしれません。

植毛は安定するまでに時間がかかる

薄毛治療の一つに植毛があります。植毛にもいくつかあり、人工毛の植毛は薄い部分の根元に新たに毛を結び付けたり、地肌に直接縫い付けたりします。すぐに髪の毛を増やす方法として知られています。それ以外に自毛植毛があります。こちらは後頭部など男性ホルモンの影響を受けにくい部分の毛根を前頭部や頭頂部に移植する方法で、毛根の活動が見込めない部分でも髪の毛の復活ができます。ただ、人工毛とは違ってすぐに毛が生えるわけではありません。植毛後すぐに毛は抜け落ち、その後安定してから髪の毛が新たに生えてきます。ですから効果を感じるのには数箇月近くかかるとされています。生えそろえば痕などもわからなくなりますが、それまでどうするか考えないといけません。

女性の抜け毛の病院とは、女性の抜け毛の治療を行っている病院のことです。女性特有の原因や症状に対応できる事が多いです。